<a href=wata-chrome " />


|
<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
借り物の衣装
前に何処かで、“借り物の衣装”についての記事を書いたけれど、
僕はしょっちゅう、借り物の衣装を着ているような気持ちになります。

つまり、今ここで何かをしている自分がいて、そういう自分と廻りに誰かが
いる時の自分は何か別の存在に思えるようなことなのですが、
そういう気持ちが一般にどのように捉えられているのか僕はよく知りません。

ただ僕が漫然と感じていることは、そういう衣装が年を取ると共に増えてきた
ようだな、ということです。
あるときの僕はやたらシタタカだったり、またある時はとてもウッカリしていたり、
はたまた、誰かの前では変に強がっていたり、涙脆くなったりするのも人情というわけで。
それは何もアイデンティティがどうした、とか、そういうヤヤコシイ話をしたい
わけではなく、相手に合わせて自分というのは結構変化するものだということなのです。

恋に落ちたりなんかすると、人は誰それの前では自然でいられるなんてことを
口にしたりします。
自然な自分ってなんだろうっていうと、つまり「そのように在る自分が好ましいこと」
ではないかと、ふと考えたりします。
つまり、誰それの前における自分は、他の誰それの前における自分より何だか、
好ましいということですが、これは何ていうか世間一般に言う気が合うとか
気が合わないといったことにも何処か繋がっているようです。

本当の自分、というのはあくまで「そのように(誰かの前で)在る自分が、
自分自身で思うところの自分自身に近しいと感じる」ということであり、
人は結構、そういう状態に気持ちよさを感じたりする生き物であるようです。

で、僕は外にいる間じゅう、なんとなく自分は借り物の衣装でも着ているように感じる
わけです。

つまり、「自分自身で思うところの自分」というものを一先ず、熊の縫いぐるみか何かで
完全に包み込んで、縫いぐるみの内側から、誰かと話したり、息をしたりしていると
いうわけですが、観察していると社会とは概ね、そうしたことで成立している部分も
少なからずあるようで、大袈裟に言えば僕はそう感じるわけですが、これは一体
どういうことなんだろう?と時々考えます。
誰かが分かりやすく、そのあたりについて論文でも拵えてくれれば助かりますね。

分厚い縫いぐるみを脱いで、分かり合った!なんて思っている自分もまた、しっかり別の
薄手の縫いぐるみを着ていて、実は対する相手も縫いぐるみを分厚く着ているなんて
ことは世間にはわりと良くあることで・・・。
そのあたりについて深く考えていくと、分かり合うとか、分かり合えないとか、そういう
大きな問題にほんの少し近づくことが出来るのだろうか?
僕らは自我とか、自分とか、考える時に、つまりは「お気に入りの縫いぐるみ」について
考えているようなものではないか、と僕は学者的に一先ず考えてみたりするわけです。
えっへん。

それで、外見とか中身とか、そういうものについて熱心に話をする時、人は結構、そういう
お互いの縫いぐるみについて批評したり、褒めあったりしているに過ぎないのではないかと。
ははぁん、そんなに簡単に心は開かないぞ、なんて思ったりしながら。

それで僕は思うわけですが、誰かの寝顔や、あどけない馬鹿みたいな笑い顔に
不意打ちで、心打たれたりする時、人は案外、不用心にも縫いぐるみを脱いでいたり
するのだろうか?、などと思います。
ある人の寝顔を思いがけず見てしまって、ふとそんなことを思ったわけですが、
今のところ、これといった役に立つ結論は出ていません。
[PR]
by waterkey | 2007-06-25 23:46 | 文章
一発書き
音楽には、特にジャズなんかのレコードには一発どりという録音方法があって、
つまり、音あわせや練習もなく、ぱっと思いつきで、ノリの演奏をして、そのまま
パッケージしちまおうという話なのですが、僕はこの一発どりが結構好きです。

世の中には、たった一回だからこそ達成される、勢いノリみたいなのがあって
それがスルスルとわけなく行くような時、二回、三回と繰り返され洗練された
演奏を凌駕してしまうような瞬間があると僕は思います。

僕がこういうところに書く文章も(長いのも、短いのも)一発どりと似ていて、
最初の一文字から最後の一文字までサッと勢いで書くことが多いです。

大事なのは、その文章の流れのテンポに乗り遅れないように乗ることだと思います。
思考のスピードに、指のすべりをあわせることが出来れば、そういう文章が
時々書けるし、そういう風にして書かれた文章には“読み手を考えながら書かれた
文章”にありがちな、重さが比較的少ないように思います。
僕はそういう即効演奏的な文章の方に好感を持つし、読んでいて楽しいです。

こういう風に話そうとか、こういう風に人に思われたいという考え方から生まれた
ものと、そういうサッと勢いでみたいなものは結構違いがあります。

流れるように、という流暢さの中に何か滲み出てくるものの方に関心があります。

沢山の人の記事を読むのだけれど、どうしても「自分というものをこう捉えて欲しい」と
いう思いが過剰だと思ってします。
でも、そういう風にして書かれた文章や、上手だと評価されるための写真には
僕自身は深い関心を抱くことが出来ません。

まぁ、僕が何をどう思おうと世界は勝手に進んでゆくわけですが、そんなことを
感じたので、一発書きをしてみました。
[PR]
by waterkey | 2007-06-24 00:53 | SNAP
ロストタイム
今日、友達の女の子から最近、更新してないね、とメールを貰った。

音信不通というのは良くない。
そう、それはなんだかとても傲慢である。
というのは、僕の人生時間が時を刻むのと相反して、記事を投稿しない
ここのブログ時間は止まったままだから。
このブログ的世界において、時計の針を進める役目を担っているのは僕である。
責任は全て、こちらにある。(というほどのものじゃないと、突っ込みも聞こえるわけだが)

それでも、毎日、何名かの方がここを訪問なさっている。
そういうのは、なんていうか僕としても少し胸の痛い問題である。
pingを飛ばしてない、このブログに訪れる人はなんていうか古い知り合いのような
人たちなのだろう。

なんとなく、このページを更新することも出来ず、かといって、ブログそのものを
抹消することも中々出来ない。

写真というのは結構、未練がましいところがある。
これについては色んな意見があるとは思うけれど、結局、瞬間瞬間で移ろってゆく
風景を残しておく術はない。
でも、人はそれを残したがろうとする。未練という言葉で片付けてしまうこと。
なかなか出来ないなぁ。

僕がこのブログを始めた頃、僕は結構、色んなことを考えて、それで僕は
なんとなく自分が歩いている道とか、なんでもない風景とか、そういうものを
余所の誰かと共有してみたくなったのだ。
そういう“欲”から始まって、記事を書ける時も(書くときは過剰に投稿していた)
書けない時も、このページは僕の心のどこかにいつも、引っかかっている。

未練。未練。未練。そう未練はとても美しい。

更新?
しますよ、いずれ。そう、それは約束します。
ただ、なんていうか、僕は結構ノンビリ屋で、楽観的なところの多々ある人です。
記事を碌に書かない、こういう時間にも僕にとっての、ここに訪れて欲しい人は
たまに覗きに来てくれているんだろうな、なんてことを性急に更新が繰り返される
このブログ的世界の中で、僕はわりかし気楽に考えていたりします。

いつか、僕がここに前みたいに、易々と記事や見た風景のことについて
話すようになったら、是非、近くまで来て、たまには話しかけて欲しいと思う。

そうそう。雨が続く梅雨時ですが、皆さん、傘をお忘れのないよう。
チャオ。
[PR]
by waterkey | 2007-06-10 23:06 | 文章



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.