<a href=wata-chrome " />


<< 夢から醒めて | 失う >>
コップの中に宇宙はあるか
隣町の住宅街にとても雰囲気のある蕎麦屋がある。

時々、夕方の五時頃にそこに思い出したように蕎麦を食べに行く。
ほとんど道楽商売のようで客はいつもあまりいない。

天井のJBLのスピーカーからは小さな音でJAZZが流れていて、
店内はご主人のこだわりが随所に散りばめられている。
一枚板のテーブルで蕎麦が出てくるのを待ちながら、突き出しの
蕎麦のフライをお菓子がわりに、黙ってお茶を飲み、その不思議に
整然とした小さな世界の中で蕎麦を待つ。

誰かの頭の中身みたいに、その小さな空間はご主人の好きな世界観
が見事に体現されていて、その居心地の良さの中で僕はぼんやり
蕎麦を待つのが好きだ。

そして蕎麦は奇跡みたいに美味い。
計算しつくされたような、その完全な職人芸に僕はいつも満足して
帰ってくる。
[PR]
by waterkey | 2008-06-22 15:36 | 文章



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.