<a href=wata-chrome " />


<< 海辺の街 / ある一枚の絵葉書 | トーキョー・スカイ  >>
都会での一杯の効用
a0041949_224499.jpg





水曜日。定時で会社を出る。

僕は銀座通りの地下のバーへと、するすると階段を下りていた。
僕はたまにそこで、一杯だけ一人でお酒を飲むことにしている。
琥珀色の液体を、磨きこまれた透明のグラスにダブルにして貰う。
氷なんていれない。
その代わり、少しだけ水道水で、軽く割る。(もちろん二口目から)
僕はその開店後、間もない、まだ酔いどれた人々のいないカウンターでの一杯が好きだ。
人生には、そういう種類の“一杯”が、どんな言葉よりも優しいときがある。
なんだか、ウィスキーの宣伝文句みたいで恥ずかしいですが・・。

僕はそれを傾けながら、とりとめのない物思いにふける。
「○○さんってストレスがなさそうですよね」
昼間のビジネス・マンの僕に、お客さんが言う。
「ははは、その通りです」昼間の、“誰かになったつもり”の僕が答える。

「こいつは営業マンだよ。でも、社内営業しない変な男なんだ」
会社の僕より年上の誰かが、別の誰かにそう告げる。
「そんな暇ないですから」やはりスーツを着た“一つの仮説としての”僕は、笑って、やり過ごす。

僕は身に纏った沢山の重たい仮説の衣服を、一枚一枚脱ぎ捨てる。
そうやって、体を軽くしていく。
そういう、お酒は一杯だから良い。

都会で生きるというのは中々難しいのだ。

              Photograph by cellular phone. The title is “yesterday's sky”.
[PR]
by waterkey | 2006-08-09 20:42 | tokyo sky



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.