<a href=wata-chrome " />


<< 都会での一杯の効用 | 風に吹かれて >>
トーキョー・スカイ 
a0041949_05519.jpg





本日、PM18時30分。
会社でまだ働いていた僕に、電話が入った。
僕は26枚ほどのFAXが読み込まれていくのをじっと見ながら、携帯に出た。
「今、東京?」
「会社ですよ」
「そこには窓がある?」
「どうしたの?」
「すごい夕焼けなの。」
僕はFAXの最後の一枚が無事、読み込まれるのを見届けると、煙草を買いに会社の外に
出た。
ビルとビルの間に、信じられないような色の夕焼けが見える。
僕はスクランブル交差点の方へ歩き出し、その夕焼けを見に行った。
完全な夕焼けがそこにあった。ちょっと、この風景はやばいな、と僕は思う。
道行く人々も信号待ちの間、驚いたような顔をして、空を見上げている。
「ほんとうに凄いね」と僕は電話の向こうに話しかける。「これはちょっと凄い」

電話を終えて、しばらく道の真ん中で空を眺め続けていた。普段立ち止まらない場所で。
残念ながら、カメラがなかったので僕は携帯カメラというやつで撮っておくことにした。

今日、夕方7時前に東京にいた人はラッキーだよね。あんな空ちょっとない
[PR]
by waterkey | 2006-08-08 22:18 | tokyo sky



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.