<a href=wata-chrome " />


<< where we go? | バス停にて >>
境界線
a0041949_23102972.jpg

人が変わったね、と昔の友人に言われた。
悪い意味?と尋ねたら、良い意味で、と答えてくれた。
言葉の真意は何処にあるとしても僕という人間の本質は変化にこそある。
物事は絶えず移ろい、意味は絶えず反転する。
反転してゆく価値の中で一貫性というのは何処かにある。
反復し、糾える右と左、上と下。そこに殆ど意味はない。
言葉が通じなくなる境界線、国境。
それと同じように僕らの心の中の境界線を簡単に越えてみる。
飛び越えて、着地した場所に僕はいつもいる。
そんなこと言っても通じないから黙って笑って聞き流してみる。
[PR]
by waterkey | 2006-04-28 23:18 | waterkeyの東京を歩く



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.