<a href=wata-chrome " />


<< #0 序 章 | WALK THIS WAY >>
猫のポートレート
a0041949_22242242.jpg





いま仮に中学生だか高校生だかにもう一度戻って、みんなの前で自己紹介をしなさい
と言われたら、私には語るに値することがあるのだろうかとか、ふと思う。

大学を出てから、会社員として働くようになって私は一見どんどん外交的になっている。
昔の自分を振り返れば、今自分がやっている仕事の内容も、仕事のやり方もまったく
考えられないことばかりである。
しかし、外見的には社交的に振舞っても私自身の心はそれほど開いていないのでは
ないか、と時々考え込んでしまう。
たまに眼の奥まで覗き込むようにして誰かと向き合って話していると、ふと
『お前は本当に心を開いているのか?』
と問われているような気分になる。気がとても重くなる。

好きな食べ物は?と問われれば気の利いた答えをいくつか返せるくらいに私も大人に
なったけれど、あなたはどんな人ですか?と問われても殆ど話せる部分はないように思う。
[PR]
by waterkey | 2006-01-11 22:30 | SNAP



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.