<a href=wata-chrome " />


<< BLUE  (BY MZ-3/... | 路地裏,2005(BY MZ-... >>
私的旅行~キミに会いたくて/2005.秋~(組み写真にて)
a0041949_21292918.jpg


ある晴れた日の昼下がり、僕は久しぶりに“キミ”に会いたくなった。
深い意味なんて、たぶん何処にもない。
幸運なことに今日は休日だった。

そうして小さな旅が始まりを告げた。

※waterkey→読者へ 「ここで質問です。“キミ”とは誰でしょう?」
(エラリィー・クイーンの推理小説風に)




a0041949_21224699.jpg

キミに会うために僕はグリーン車に乗った。
津田沼⇒逗子1,200円(キミは逗子にはいないのだけれど・・・)
a0041949_2138855.jpg

大船を過ぎたあたりで僕はキミが逗子ではなく、鎌倉に住んでいたことを同行者に聞いた。
引越したのかと思いましたが前から住所は鎌倉でしたよね。
(すまん、僕の中で神奈川県の名所は全て逗子なのです)
じゃあ教えてください、チケットを買う前に。
君はいつもそうだ・・。※(文中のキミとは別人です)
a0041949_21373445.jpg

鎌倉で下車。
グリーン車からずっと一緒だった外人の親子(たぶん)が同じバスに乗ってきた。
たぶん話しかけられるだろうな、とよそ見している振りをしていたら案の定話しかけられた。
僕は外人にとにかく道を尋ねられるのだ。
「Sorry.I am not so conversant that I show kamakura's way
It's after a long time that I come here ,too」と得意の英語で切り替えした。
というのは真っ赤な嘘で、
「Excuse me.I understand nothing !!」といい加減な発音でどうにかその場を逃れた。
ごめんなさい。僕以外の日本人はたぶんもっと親切です。
お互い不運でしたね。
a0041949_21492578.jpg

バスに乗って、しばらくして雨が降り出した。天気予報は当りらしい。
いちおう写真を撮る人間としてシャッターを切る行為を怯んでいてはいけないが、
バスの中で写真を撮るのはマナー違反でもある。
写真家(自称なら何でもありです)と良識人(同じく何でもあり)の私の内的闘争が
深刻な手ブレを引き起こした。
a0041949_21512656.jpg

バスから降りる。なぜか晴れ始めた。
お金を払う時、運転手が私にだけ「ありがとうございます」と言わなかった気がする。
なぜだろう??(写真を撮ったからです)
世間は冷たい。
キミは僕を暖かく迎え入れてくれるだろうか?

a0041949_21552990.jpg

ついにキミにご対面。
感動!(これは言葉じゃなく写真で伝えるべきだな)
a0041949_2235529.jpg

キミの胎内へ。20円って安いのか、高いのか?
安い、よね・・?。
a0041949_2292563.jpg

キミに夢中で僕は同行者を怒らせてしまったようだ。
旅の教訓。
仏より女の子の方が大事である。(ということにしよう)
a0041949_2224855.jpg

キミに会えて、僕は心が少しすっきりしました。
もう後は何処でも“君”の好きなところへ付き合います。
(江ノ島水族館に恨みはありません)

くだらなくて、すみません。
でも僕は時々無性に大仏殿に会いたくなるのです。
[PR]
by waterkey | 2005-11-07 22:12



Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.